警察署駐車場、車内で自殺か=所有者男性、自宅に遺書−鹿児島(時事通信)

 16日午前8時ごろ、鹿児島県霧島市国分中央の県警霧島署駐車場に止めた保管中の事故車内で、所有者の男性が死んでいるのを女性職員が発見した。助手席に練炭が燃やされた火鉢があり、自宅から遺書が見つかった。同署は自殺とみて調べている。
 同署によると、死亡したのは霧島市国分中央の無職男性(53)。同署敷地内の駐車場に夜間侵入し、スペアキーで車内に入ったとみられる。男性は昨年以降、「仕事を失い、生きる気力をなくした」などと周辺に話していたという。 

【関連ニュース】
結婚詐欺 連続不審死事件
「悪口あった」と両親に報告=中2女子自殺で市教委
中2男子が自殺=学校が原因調査
両親が元同級生らに賠償請求=中2女子「いじめで自殺」
「何かあったはず」「調査を」=学校側に真相解明訴え

ソメイヨシノ 福岡で開花…陽気に誘われ(毎日新聞)
<前原国交相>4全総の高速道計画の縮小を示唆(毎日新聞)
民主の比例新人が勉強会(産経新聞)
自殺防止「雇用対策の充実を」=鳩山首相(時事通信)
<高千穂峡>落石で小2男児が骨折…ボート遊覧中 宮崎(毎日新聞)
[PR]
by zu6qlupx3r | 2010-03-18 16:59
<< 「心を痛めています」 愛子さま... 千葉大生殺害、男を追起訴=別の... >>