武器輸出三原則、見直しを=「内閣でしっかり議論」−北沢防衛相(時事通信)

 北沢俊美防衛相は12日午後、都内で開かれた防衛関連の業界団体「日本防衛装備工業会」主催の賀詞交歓会であいさつし、海外への武器輸出を禁じた政府の武器輸出三原則に関し、「わが国とすれば、そろそろこういうものについても、基本的な考え方を見直すことがあってしかるべきだ。しっかり鳩山内閣の中で議論しながら考えていきたい」と述べ、緩和を検討すべきだとの認識を明らかにした。
 年末に予定される新たな防衛計画大綱や次期中期防衛力整備計画(中期防)の取りまとめの中で、検討課題となる見通し。ただ、民主党内には緩和に慎重な声もある上、連立を組む社民党の反発も予想されるため、議論の行方は不透明だ。 

【関連ニュース】
迎撃ミサイルの欧州輸出に含み=北沢防衛相
履行報告は29カ国=安保理の対北制裁
共産、「世界に逆行」と報告書批判=安保防衛懇
安保政策、転換を意図=実現性は不透明

日本海側で大雪の見込み…九州、四国でも降雪(読売新聞)
京阪電車と衝突、車の2人けが 乗客5100人に影響(産経新聞)
2遺体は瀬谷さんと孫の朱莉ちゃん 群馬の3人死亡火災(産経新聞)
鳩山元総務相も贈与税納税=5億3600万円、実母から資金提供で(時事通信)
石川容疑者、5000万円口座へ 水谷建設から「裏献金」の3日後(産経新聞)
[PR]
by zu6qlupx3r | 2010-01-18 20:08
<< 不正通行容疑 ETCすり抜け4... <日米安保改定50年>共同声明... >>